組織

設立趣旨

白鳥コミュニティ協議会は、平成30年3月に旧白鳥小学校のエリアとし、地域住民や自治会などさまざまな団体で構成し発足いたしました。当協議会は、地域の活性化や環境防災、地域福祉、子どもの育成などを協議し、地域で出来ることに取り組みます。そして、自主的なまちづくり活動を推進していく住民組織です

会長挨拶

白鳥コミュニティ協議会は、平成30年3月に設立後4年目を迎えました。令和2年度は、4月から指定管理を受けております白鳥コミュニティセンターを管理するための仮設事務所を拠点に、地域の活性化にむけた取り組みを目指しました。しかし、新型コロナウイルス感染症のため大変な年でありました。コロナ禍の中、感染拡大の防止のために、協議会の役員会や各部会議などを中止するなど、地域の活性化に向けた取り組みが思うように進みませんでした。地域の関係団体の皆様には、心配をおかけしたことと存じます。

 しかし、こども部会では地域の子供たちと地域の方たちと一緒に「やきいも大会」を開催し、皆様に喜んでいただきました。また、総務企画部の桜守委員会がこのような時期でしたが、初めて「湊川河津桜まつり」を開催いたしました。駐車場の確保や仮設トイレ、当日の車道の通行止めなど桜を見に来る住民のために最小限の取り組みを行い、皆様に楽しんでいただいたと存じます。
  今年度も新型コロナの関係で大変な時期だとは思いますが、地域の困りごとを地域の皆様方と協議をしながら、地域で出来ることを無理せず取り組んでいきたいと思います。地域の関係団体のご協力をよろしくお願い申し上げます。イベントなどについては、「イベントアーカイブ」参照

組織図:2021年度

  協議会規約
  

 役員
  

沿革

2018年3月20日 白鳥コミュニティ協議会設立/暫定役員任命

2018年9月29日 設立イベント開催

2019年4月1日 新役員体制:任期2年

2020年4月1日 地域内の市の施設 管理受託

2021年4月1日 役員改正

 事務局:

2018年度 田中登志夫/山口大輔
2019年度 田中登志夫/田中恵治
2021年度 田中登志夫/六車周二

 各部会・委員会については、それぞれのページ参照

組織運営

組織運用ポリシー
  • ◎議題は月一度の役員総会で討議して決定
  • ◎議題は各役員などより上げていただき、執行役員会にて検討し、事務局にて具体的なプランとして立案し、役員会に諮る。
  • ◎場合により、顧問・理事・関係者・専門家の意見を聴くなどして、より実効性の高いものとする。
  • ◎決議案実行に際しては、理事・自治会・市・社会福祉協議会など関係者のご理解とご協力を仰ぐ。

タイトルとURLをコピーしました