その他

田舎の話題:ちょっと変わったもの/感激したもの/巷の豆知識など

当地域(一支部から三支部の田の口薬師迄)では、こんなのが30匹余りの集団で出没します/ごちそうの麦畑
きゅうりのつるにメロンがなった?/江本家202009

カラス ノエンドウ(烏野豌豆/矢筈豌豆)

皆さんは、この雑草がが食べ物だということご存じでしょうか? 穂先10cmほどと柔らかい豆は食べられるそうです。(てんぷらなどにする) そもそも、名前の由来は①種が真っ黒②スズメノエンドウ(そっくりの小型版)より大きいからというのがあります。また、葉っぱの形が矢筈(矢のしっぽ)に似ているから矢筈豆ともいわれています。しかし、それだけではありません。実際にカラスが食べているのを目撃してしまいました。実は、カラスは豆類が大好きです。具体的には「グリーンピース」(絹さや・スナップ・ソラマメなどは被害にあいにくい)最も好きな豆は「ピーナッツ」です。だから、ピーナッツを収穫した後で豆がなくなっても掘り返して探します。後植えにはネットをかけましょう!

右:カラスノエンドウ 左上:絹さやえんどう 左下:スズメノエンドウ

ミモザとアカシア

最近、「ミモザ」のことを「アカシア」と呼ぶ人が増えています。ミモザは正式には「ミモザアカシア」(別名:ギンヨウアカシア)と言い、マメ科ネムノキ亜科アカシア属で3・4月開花・黄色。同じ名前の花として「おじぎそう」(学名:ミモザ/眠り草)というものがあります。マメ科ネムノキ亜科オジギソウ属。元白先ピンク6月~10月開花。 普通「アカシア」と言えば街路樹/蜂蜜の取れる「ニセアカシア」(正式にはハリエンジュ/エンジュはまた別物)でマメ科ネムノキ亜科ハリエンジュ属で5・6月咲き 白・ピンク・薄紅色 それぞれ全く別物です。いづれも渡来植物なので訳し方に問題があったようです。全くややこしい!! 青マーカーで呼びましょう余談ですが、1960年ころはやった西田佐知子の「アカシアの雨が止むとき~」は「ニセアカシア」だそうで、当時の白鳥中学校の校庭に夾竹桃とともにたくさん植えてありました。

上:ミモザアカシア 左下:ニセアカシア 中:オジギソウ 右下:明石家

タイトルとURLをコピーしました