投稿ページ

田舎の話題:ちょっと変わったもの/感激したもの/巷の豆知識など

タコさんゴーヤ
今年のグリーンカーテンもゴーヤにしたところ、長さ7cmほどの実がなり熟れるとタコさんウィンナーならぬ「タコさんゴーヤ」がなりました。
巨大な花
アメリカ芙蓉 直径30cm~20cm 7月中頃~秋
残念ながら一日のみ開花  但 一株当たり100~200開花する。 色は、赤以外にも白・ピンクなどもあり、中には食べられるものもあるようです。どんな味がするのでしょうかね?
中央の2花は直径27cmです
2022年 初夏のコスモスこれから見ごろ(5月16日現在) 
場所:湊川東岸旧道内海商店前 河津桜南の寺前橋東詰め東入る
寺前橋東にある六車家のコスモス畑
東照寺(お薬師さん)裏の枝垂れ桜開花3月18日 満開4月2日
湊川沿い(高速道路南)「陽光」開花 20本の並木  見所参照ください
3月18日
湊川西岸の「こぶし/木蓮]開花始まる  1月23日   投稿者:アピオスアミーゴ
赤と白合わせて21本  サクランボも有り満開
新発見?田中神社の初日の出 投稿者:ショーちゃん3
現在の白鳥神社は、一ノ門前から参道を振帰れば、正面の鳥居の中に石鎚山が見えるように初代猪熊宮司により(1638年頃)設計されていますが、ここ現在の田中神社(元祖白鳥神社/八幡宮)は、元旦に参道正面から初日の出が見られることがわかりました。
正面鳥居の向こうから昇る初日の出!
愛宕山山麓からの日の出 1月16日子守神社にて撮影(元旦の日の出はもう少し右から)
一支部「子守神社」も
「田中神社」同様に元旦に参道中央からの日の出が確認されました。ひょっとすれば二支部の「秋葉神社」もそうかもしれません。
全国的にも、元旦の初日の出向きに参道が設計されているところや、春分・秋分に合わせて設計されているところも多くあるのかもしれません。

投稿者:アピオスアミーゴ
見事なアジサイ 
当地域(一支部から三支部の田の口薬師迄)では、こんなのが40匹近くの集団で出没します/ごちそうの麦畑
きゅうりのつるにメロンがなった?/江本家202009

カラス ノエンドウ(烏野豌豆/矢筈豌豆)

皆さんは、この雑草がが食べ物だということご存じでしょうか? 穂先10cmほどと柔らかい豆は食べられるそうです。(てんぷらなどにする) そもそも、名前の由来は①種が真っ黒②スズメノエンドウ(そっくりの小型版)より大きいからというのがあります。また、葉っぱの形が矢筈(矢のしっぽ)に似ているから矢筈豆ともいわれています。しかし、それだけではありません。実際にカラスが食べているのを目撃してしまいました。実は、カラスは豆類が大好きです。具体的には「グリーンピース」(絹さや・スナップ・ソラマメなどは被害にあいにくい)最も好きな豆は「ピーナッツ」です。だから、ピーナッツを収穫した後で豆がなくなっても掘り返して探します。後植えにはネットをかけましょう!

右:カラスノエンドウ 左上:絹さやえんどう 左下:スズメノエンドウ

ミモザとアカシア

最近、「ミモザ」のことを「アカシア」と呼ぶ人が増えています。ミモザは正式には「ミモザアカシア」(別名:ギンヨウアカシア)と言い、マメ科ネムノキ亜科アカシア属で3・4月開花・黄色。同じ名前の花として「おじぎそう」(学名:ミモザ/眠り草)というものがあります。マメ科ネムノキ亜科オジギソウ属。元白先ピンク6月~10月開花。 普通「アカシア」と言えば街路樹/蜂蜜の取れる「ニセアカシア」(正式にはハリエンジュ/エンジュはまた別物)でマメ科ネムノキ亜科ハリエンジュ属で5・6月咲き 白・ピンク・薄紅色 それぞれ全く別物です。いづれも渡来植物なので訳し方に問題があったようです。全くややこしい!! 青マーカーで呼びましょう余談ですが、1960年ころはやった西田佐知子の「アカシアの雨が止むとき~」は「ニセアカシア」だそうで、当時の白鳥中学校の校庭に夾竹桃とともにたくさん植えてありました。

上:ミモザアカシア 左下:ニセアカシア 中:オジギソウ 右下:明石家
タイトルとURLをコピーしました